1. HOME
  2. Taitomaのトリビア

Taitomaのトリビア

トマトネタ

トマトはビタミン&ミネラル豊富!

トマトはビタミン&ミネラル豊富!
トマト100gに含まれる主なビタミンとミネラル

ガンや生活習慣病の主な原因は、ビタミンやミネラルの不足だとも言われている昨今。
トマトにはビタミンAとビタミンCが豊富。そのほかにビタミンB群などもさまざまなビタミンが含まれています。そして、カリウムやマグネシウムなどのミネラルもたっぷり。高血圧や貧血の予防、骨や歯の発育促進、免疫力アップなどなど……いいことづくめです。

リコピンは美人のもと!

リコピンは美人のもと!

体の中に入ってきた細菌を退治するのが活性酸素という物質ですが、増えすぎると体の細胞や組織までも傷つけるようになります。この状態が「酸化」で、動脈硬化などの生活習慣病や老化を招いてしまいます。その活性酸素を抑えることを抗酸化作用といいます。
トマトに含まれている赤い色素であるリコピンには強力な抗酸化作用があります。そして、老化や生活習慣病予防をするだけではなく、紫外線によって生じるメラニンの生成をうながす酵素「チロシナーゼ」の働きも抑えます。
つまり、美白・美肌効果もあるということなのです!! リコピンは「美」を保つために不可欠な存在ですね。

上手にリコピンを取るには?

上手にリコピンを取るには?

リコピンは油に溶けやすく熱に強いので、調理しても成分はそれほど減少しません。むしろ、生で食べるよりも、油を使用した調理法によって、吸収率がアップします。
イタリア料理で定番の食材であるトマトとオリーブオイルは、まさに効率的にリコピンをとれる最高の組み合わせなんですよ。
太陽のトマト麺では、トマトソースをオリーブオイルと炒めるので、リコピンの吸収率はバツグン!

トマトへのこだわり

トマトへのこだわり

トマトラーメンの核となるトマトは、世界中で数百種類存在するトマト原料の中から、それぞれの良さや特徴を把握した上で、「味わい」・「色」・「性状」を吟味し、厳選したトマトを使用しています。トマトの旨味を最大限に活かすため、じっくりと数時間煮込み濃度を高め、より深いコクのあるトマトソースを使用しております。

トマトの語源

トマトの語源

トマトは、南米アンデス山脈の高原で生まれてからメキシコなど中米に伝わり、アステカ文明やマヤ文明が栄えた時代に品種改良されたと考えられています。そこからさらに世界中へと広まっていきました。
日本での「トマト」という呼び名は英語の「tomato」に由来しますが、「tomato」はメキシコの先住民の言葉で「膨らんだ果実」を意味する「tomatl(トマトゥル)」が語源です。もともと「tomatl」とはホオズキのことを指し示していました。メキシコには食用ホオズキを使った料理があり、トマトがその形状に似ていることから、このように転じたようです。
ヨーロッパの多くの国では「tomate(トマーテ)」と呼ばれますが、イタリア語では「pomodoro(ポモドーロ=黄金のりんご)」です。りんご!?……と意外な感じがしますが、ドイツでは「Paradeisapfel(パラディースアプフェル=天国のりんご)」、イギリスでは「Love Apple(ラブ・アップル=愛のりんご)」、フランスでは「pomme d'amour(ポム・ダムール=愛のりんご)」という愛称があります。
その昔、ヨーロッパにおける「りんご」という言葉は果物の代名詞のようなもので、トマトがヨーロッパに伝わった時に果物として紹介されたことにちなんでいるようです。

ラーメンネタ

「飲んだあとにはやっぱりラーメン!」なのはどうして?

「飲んだあとにはやっぱりラーメン!」なのはどうして?

お酒を飲んだあとにラーメンが食べたくなるのは、医学的観点からみても理由があるそう。まず、お酒を飲み、肝臓でアルコールを分解するためにはブドウ糖が必要になり、血糖値が低下します。すると、実際には空腹ではないのに、擬似的に空腹状態になり、ラーメンが美味しそうに見えます。さらに、お酒を飲んだあとは体内が酸性寄りになります。
これを中和するためにアルカリ性のものを欲するようになるのです。ラーメンの麺に含まれる「かんすい」はアルカリ性です。また、ラーメンのスープに含まれるグルタミン酸やイノシン酸などのうまみ成分には肝臓のアルコール分解を高める効果があり、私たちは無意識のうちに体内のアルコールを中和しようとして、ラーメンを食べたくなるんだそうです。

どんぶり模様に意味はあるの?

どんぶり模様に意味はあるの?

ラーメンどんぶりにはいろいろな模様が描かれていますが、いずれも中国では特別な食器に使用されていたもの。その昔、ラーメンは高級料理だったようです。
渦巻きのような模様は、ラーメンどんぶりの模様としてはおなじみですが、「雷紋(雷門、雷文)」と呼ばれ、雷をイメージ化したものと言われています。魔除けの意味があるそうです。
また、一説にはクモの巣を表しているとも言われています。中国ではクモは縁起の良い虫とされていて、クモの巣は魔物を迷わせて追い払うための迷路と考えられ、やはり魔除けの意味を持つようです。
その他、「喜」がふたつ並ぶ双喜模様、龍や鳳凰もラーメンどんぶりの柄として人気が高いです。
食べる時、ちょっとだけ気にしてみてくださいね。

鶏パイタンの"パイタン"って?

鶏パイタンの

パイタン=白湯。
読んで字のごとく、白く濁ったスープのことで、豚骨や鶏の骨などを長時間煮込み、骨髄からうま味がたっぷりと抽出されています。主にラーメンスープなどに使われ、濃厚な味わいを楽しむことができます。
一方、澄んでいるスープ全般のことを清湯(チンタン)と呼び、原材料に関わらず濃度によって分類されています。清湯の中でも、干し貝柱や干しエビなどから煮出す上湯(シャンタン)は高級なスープとされ、フカヒレスープなどのベースに使われます。
用途や味わいは違えど、白湯、清湯ともに料理のうま味を支える存在です。

その他

TTMってなんだ?

TTMってなんだ?

太陽のトマト麺をアルファベッドで表すと “TTM”と書くんです。太陽のトマト麺に行く日には、あなたの手帳に“TTM”……!?

人気のアフターメニュー「らぁリゾ」はこうして生まれた!

人気のアフターメニュー「らぁリゾ」はこうして生まれた!

「太陽のラーメン」の完成試食会で女性のみなさんに無料モニターしてもらった際のこと……。
その中の1人の女性が「このスープ美味しいからもったいない」と言いながら、持ってきていたお弁当のライスを残ったトマトスープの中に入れたのでした。それをヒントに「らぁリゾ」が生まれたというわけです。

スープ開発!

スープ開発!

スープ開発当初は、えんどう豆やジャガイモを素材にして、色々試作を重ねたのですが、いずれも失敗…。

そして、ようやくトマトにいきつきました。自分たちで色々なトマトを「味わい」・「色」・「性状」をしっかりと吟味し厳選。

白湯スープと合わせた時のバランスも考慮し完成したのが、当店自慢の現在のトマトスープです。

いちはやくエコ活動を実践!

いちはやくエコ活動を実践!

今では、環境保護のために割り箸を廃止して、洗い箸を使用するのは当たり前になってきました。
太陽のトマト麺では、他のラーメン店で先駆けて、創業当初から洗い箸を使用していたんですよ。エコ活動は実践あるのみ!